瀬戸・熊山の遺跡・史跡
龍光寺古墳(瀬戸町菊山)横穴式石室。6世紀後半菊山一帯を治めた有力農民の墓と考えられる 西久保1号墳(瀬戸町光明谷)横穴式石室。瀬戸高校の裏斜面にある後期古墳 西久保1号墳石室(玄室7m奥幅2.2m高さ1.9m)。蓮生寺の大曼荼羅がここに疎開し戦禍をまぬがれた 弥上古墳(熊山町弥上)前方後円墳。土取りで横穴式石室が露出し発見された古墳 弥上古墳(玄室4.1m幅1.9m高さ2.3m)。ブッシュに覆われていて鎌でかってから入った
見上古墳(熊山町弥上)円墳。見上神社拝殿の南東山麓上、弥上平野を一望できる位置にある 見上古墳(玄室4.7m幅1.8m高さ2m)。奥壁4〜5段、天井石は4枚で構成される 土井遺跡の説明風景。遺跡は発掘調査中で近寄れないので見通しの良い場所で 土井遺跡(岡山美作道路建設現場)。埴輪を焼いた窯跡。岡山県では初発見 武宮古墳(熊山町千躰)前方後円墳。古墳では大抵皆さんの背中ばかりですが今回は横から
珍しい狛犬(木製・河童?)武宮神社。木製の狛犬は狛犬の原型として大変珍しいもの 熊山遺跡説明風景。仏塔と考えられているが日本でここだけの珍しいもの 熊山遺跡(国重文)底辺7.7m高さ3.25m。この石積基壇は磐座を砕いてその岩盤上に構築 熊山から吉井川を望む。屋島、小豆島も望める。海はすぐ近くだ!

inserted by FC2 system