建部・久米南の遺跡・史跡
法寿山古墳群
膝が隠れるほどに茂った羊歯の山道行軍スタートとはまだ誰も知らない
法寿山26号墳1
小円墳横穴式石室、6世紀〜7世紀前半、有力農民層の墓
法寿山26号墳2
法寿山では16基の古墳が確認されている
法寿山25号墳1
墳丘はかなり流出し天井石6個が露出
法寿山25号墳2
現在長5.8m、幅1.28m、高さ1.75m
法寿山25号墳3
後ろ向きで腹ばいになって入る
法寿山24号墳1
郡中最大規模、大きな石が使われている
法寿山24号墳2
奥壁1枚石、左側壁はやや胴張り。湿度が高いとは感じなかったのだが最初に入った撮影にはどうしてもこのようになる
法寿山24号墳3
石室現在長さ7.8m、玄室幅1.3m、高さ1.9m、右袖式
法寿山14号墳1
墳丘径12m、高さ1.5m
法寿山14号墳2
石室残存長3.6m、幅0.92m、高さ1.35m
法寿山15号墳1
墳丘径11m、高さ2m
法寿山15号墳2
石室残存長4.7m、幅1.2m、高さ1.8m
法寿山15号墳3
古墳はここまで、このあとは阿弥陀石仏に向かって羊歯道を行く
阿弥陀石仏1
旭川を真下に見下ろす位置にあり、魔崖佛立像が彫られている
阿弥陀石仏2
この巨石周辺には大小の岩石が配置されており古代祭祀の場所か
阿弥陀石仏3
福渡方向を望む
7社八幡宮1
郷内7社の神輿がここに参集し8社による寄宮祭が毎年10月第2日曜日に行われる
7社八幡宮2
大きく口を開けて半身を乗り出している竜
7社八幡宮3
背面の盤座
7社八幡宮4
八つの神輿を収める場所
成就寺1
備前48ヶ寺建立で最後に建てられた寺で大願成就の意味でつけられたという
成就寺2
19世紀初頭の本格的な三重塔、町指定文化財
成就寺3
県指定文化財にならないのは瓦の質にあるとか、そう云われて見ると少し見劣りが
成就寺4
県重文、木造金剛力士像、鎌倉時代作、
成就寺5
阿形、密迹金剛神
節分草1
昨年に続いて今年も来ました、満開です
節分草2
地名:大田
節分草3
花びらに見えているのは、額だそうです、
節分草4
武蔵のお接待付き節分草も懐かしいですね、今日第四日曜日です
節分草5
足元注意!! 皆さん接写撮影です
白石城跡1
白石城跡2
急な道だが、昼食後で皆さん元気!
白石城跡3
八幡温泉&福渡を望む、80mの独立丘、右下に見える道が大田の節分草へ行く
塚の鼻古墳1
法寿山古墳群と対峙する旭川東岸の丘陵、全長42mの前方後円墳と云われる、円墳かも
塚の鼻古墳2
塚の鼻古墳3
墓地横に箱式石棺の一部が露出
仏教寺1
雨乞い感謝の行事として「バンバ踊り」(県重要無形民俗文化財)が行われる
仏教寺2
仏教寺3
石造宝篋印塔,県指定重要文化財
唐臼墳墓群
後期古墳と奈良時代の火葬墓からなる墳墓群
唐臼墳墓群2
横穴式石室の下側半分だけが残っているもの、古墳には番号や名前が付いていない
唐臼墳墓群3
入るなとあるので入りませんでした、-----奥行きが浅くいい写真にはならないからです
唐臼墳墓群4
手を差し込んで撮影
唐臼墳墓群5
天井石が露出し石舞台風
唐臼墳墓群6
暑くもなく寒くもなく、いい探訪日和でした
唐臼墳墓群7
水が溜まっている穴に骨壷を入れ、隣にある同じく穴の開いた石を被せる、岡山ではここだけで発見されたもの
唐臼墳墓群8
古武道竹内流発祥の地1
急斜面の山中や草木の繁った狭い場所で身を守るのに有利な技、捕手腰之廻術
古武道竹内流発祥の地2
お城を思わせる石垣、上でUさんが手を振っていた、撮影時には気づかず
古武道竹内流発祥の地3
石垣

inserted by FC2 system