東備の遺跡・史跡
船坂峠1
兵庫県赤穂郡上郡町梨ケ原と備前市三石、両県県境、岡山県側から見る
船坂峠2
県境標識、大正14年
船坂峠3
兵庫県側から、標高180m、古くから山陽道の要所
四列穴門1
明治23年の山陽道鉄道開通時に造築、赤レンガ4連アーチ(1連が画像に入らず)
四列穴門2
クレソン、食べられるのか
三石明神1
孕岩神社とも言う、神宮皇后休息の地----は??
三石明神2
海石、山石、川石の三つの大石が地名の由来とか
三石明神3
これが孕石、石灰岩が白い小石状に
深谷の滝1
幅2m、高さ13m、滝壺径4m、深さ2.5m、備前市10景の一つ
深谷の滝2
もみじ500本とか、紅葉の季節に訪れてみたい場所
深谷の滝3
滝壺左側の不動明王
三石城跡1
説明版、今日一番のハードコース地点
三石城跡2
牛窓方向、何故か高い位置に見えているのは瀬戸内海
三石城跡3
標高294mへの途中、播磨方角を眺める
三石城跡4
掘り切り
三石城跡5
この山頂に井戸が3箇所も、どうやって水脈を見つけるのか
三石城跡6
本丸、山頂
三石城跡7
三石城跡8
大手門、山城では珍しい
金谷の首塚1
南北朝時代の新田義貞に敗れた兵士の首塚
金谷の首塚2
由来
金谷の首塚3
塚には願い事が書かれた小石がいっぱい
神根の磐座
金比羅宮の磐座
辰妙見大権現の磐座
七鍋様の磐座
千畳田古墳群1
古墳時代後期、計7基の小円墳からなる
千畳田古墳群2
石室現存長6.4m、幅1.7m、高さ2.13m、玄室中央部天井が一段高く架けられている
千畳田古墳群3
国内でも鳥取県北部と京都府北部にしかない特異な構造
矢田穴観音2
磐座を思わせる苔むした大きな岩、階段が良く整備されている
矢田穴観音3
高さ4m、奥行き4m、幅9m
矢田穴観音1
説明版
速玉尾神社
下仲尾古墳群1
左側1号墳、右側2号墳、鉄に関わる首長の墓か
下仲尾古墳群2
1号墳、径11.5mの円墳と推定
下仲尾古墳群3
1号墳、全長9.2m、玄室長5m、幅1.5m、高さ1m
下仲尾古墳群3
2号墳、墳形・規模不明
下仲尾古墳群4
ホフク前進で入りました、蝙蝠が一匹、寒いのか動かない
下仲尾古墳群6
下仲尾古墳群5
石室残存長3.4m、幅2m、高さ1.3m
下仲尾古墳群7
入り口を見る、まだ蝙蝠動かない
上仲尾古墳1
下仲尾古墳群の北方山麓にある円墳
上仲尾古墳2
奥壁の石に小石が混ざっており下仲尾より見劣りがする
上仲尾古墳3
玄室長4.7m、幅2m、高さ1.9m
二宮八幡宮1
本殿裏の積み石塚、お宮は宇佐八幡宮を一宮とする二宮
二宮八幡宮2
備前焼狛犬、作木村----
三宅町田古墳
墳丘は殆んど残っていないが大きな石を使った見事な石室
宅町田古墳2
入り口部分
三宅町田古墳3
奥壁が抜けている
三宅町田古墳4
本墳の南東300mの尾根には佐伯町最大の石室を持つ「開坂古墳」がある
びんだら岩
宇佐八幡宮1
総社宇佐八幡宮3
備前焼狛犬
総社宇佐八幡宮2
説明版
八幡宮中古墳
総社宇佐八幡宮の境内、30m強の前方後円墳か?
八幡宮中古墳2
樹木が多く墳形確認難しい、和気氏の祖か
八幡宮中古墳3
説明風景

inserted by FC2 system