解明進む鬼ノ城とその周辺の遺跡・史跡
備中総社宮1
沼田神社 以前からある延喜式神名帳記載の神社
備中総社宮2
やはり人気があるのは「天ノ細女命(あめのうずめのみこと)」か
備中総社宮4
絵馬 大舜(中国五帝の一人) 慈愛の舜に天は象を使わし田を耕した
備中総社宮6
唐夫人 姑に孝行な嫁の話
備中総社宮5
弁慶と義経のようにも見えます
備中総社宮3
龍が描かれているようですがストーリー不明
備中総社宮7
備中総社宮8
江戸時代の神主作とかで素朴な彫り、横向きに意味があるのだろうか
まちかど郷土館1
旧総社警察署 明治43年
まちかど郷土館2
備中薬売り 足下にあるおまけ風船に記憶ある人多数
まちかど郷土館3
タイムスリップ ガラス容器も当時のまま
まちかど郷土館4
このミシン 子供がはな垂れなら本当にタイムスリップだが
備中国府1
備中国府在賀夜郡 総社金井戸、国府、国府西などの地名からこの付近と考えられている
備中国府2
役行者 彫りが薄れているので斜めから撮影
鬼ノ城1
鍵岩 西門を眺める最適地 磐座
鬼ノ城2
鍵岩から西門全景を見る 前回に比べ左側版築が綺麗になっている
鬼ノ城3
西門 今回の版築は何時まで持つでしょうか?
鬼ノ城4
角楼 上部構造を推定出来るものなく上床どまりになっている
鬼ノ城5
西門 楯は九州隼人族のもの やりすぎ意見多し
鬼ノ城6
カナダ輸入ヒバ材使用 割れ目立つ 版築の風化も
鬼ノ城7
西門 各地のどの山城も一度も戦火に遭うことはなかった
鬼ノ城10
敷石の傾斜は雨水を内側に流す版築保護
鬼ノ城11
第二水門 最も綺麗に残っており雨期には今でも水が流れ出ます
鬼ノ城12
南門 どの門も正面は急峻な崖
鬼ノ城13
南門 いづれの門も門から直進入城出来ない閉塞構造
鬼ノ城14
第三水門
鬼ノ城15
5番は先手観音
鬼ノ城16
第四水門 水門とは排水機能を持つ城壁 鬼ノ城には6箇所ある
鬼ノ城17
東門 4門の中では最も規模が小さくここだけ丸柱使用
鬼ノ城18
血吸川と水城
鬼ノ城19
屏風折れ岩 鬼ノ城最大の景色だったが猪除け柵でだいなしに
鬼ノ城21
北門 鬼ノ城背面の堅い守り構造の門 中央の水路に特徴
鬼ノ城22
北門 2段に石垣が築かれている 北門だけの構造
鬼ノ城23
ビジターセンターから岩屋寺に向かう道路から北門を見る すぐ近くにあることから堅固な構造に
鬼ノ城24
礎石 平成18年から7ケ年計画で発掘調査
鬼ノ城25
吉備大宰石川王を鬼ノ城の主とするN氏説 鬼ノ城ロマンは続く
岩屋寺2
岩屋寺 山岳仏教盛時には38坊も 今は無住寺 石垣が当時を偲ばせる
岩屋寺3
五行思想は古代中国に端を発する自然哲学の思想で、万物は木・火・土・金・水の5種類の元素から成るという説
岩屋寺4
毘沙門天への階段
岩屋寺5
毘沙門天
岩屋寺6
鬼の差し上げ岩 屋根にあたる岩は縦15m横5m厚み5m 800d
岩屋寺7
巨大さだけでなく岩肌と模様も美しい
岩屋寺8
鬼の差し上げ岩から 巨大さに圧倒されるみなさん
岩屋寺9
鬼の餅つき岩 どこで餅をつくの みんな杵を持ち
岩屋寺10
鬼の餅つき岩から鬼ノ城北門が見えます
岩屋寺11
鯉岩 どの方向から見ても鯉には見えないのだが
岩屋寺12
鯉岩 まっこう鯨の頭では?
岩屋寺13
八畳岩 実際は40畳あると言う
岩屋寺14
屏風岩 宇宙戦艦大和!のイメージだが烏帽子と言う人も
岩屋寺15
馬頭観音 三面六臂(さんめんろっぴ)
岩屋寺16
汐差岩 上部に溜まっている水は潮位で変化すると言う
岩屋寺17
これがその水たまり
岩屋寺18
西門が見えます
岩屋寺18
方位岩 亀裂方向は綺麗に南北に 花崗岩に含まれる鉄分と地軸の関係とか
岩屋寺19
岩切観音 14番は如意輪観音
岩屋寺21
岩切観音 全景
岩屋寺22
皇の墓 岩屋寺の開祖 善通大師の墓 文武天皇の皇子
造山古墳1
石棺 阿蘇凝灰岩 どこから出土したのか不明
造山古墳2
石棺蓋(部分)内側に朱が認められる
造山古墳3
濠未確認は残念な結果だが この部分の発掘調査が待たれる

inserted by FC2 system