鳥取県日本海沿岸バスツアー
鳥取県日本海沿岸の遺跡史跡バスツアー
今回も両備バス、たまには被写体にとU氏が撮影
大山
蒜山SAから今日は大山が良く見える、右に烏ケ山
伯耆古代の丘公園1
平成16年9月に続いて2回目の訪問、前回は小雨だったが今回は快晴
伯耆古代の丘公園2
前回50人、今回29人、バスツアーを継続するために誘い合って満席にしましょう!
伯耆古代の丘公園3
4号墳 前方後円墳64.5m 向山古墳群は前方後円墳の密集度では全国有数の規模
伯耆古代の丘公園5
珍しい組まれた状態のままの葺石
伯耆古代の丘公園6
向山8号墳 方墳
伯耆古代の丘公園7
岩屋古墳(1号墳)前方後円墳 52m 
伯耆古代の丘公園8
石室は前室と後室からなる複室構造
伯耆古代の丘公園9
入り口はくり抜いた玄門を採用する石棺式石室
伯耆古代の丘公園10
朱が認められる
伯耆古代の丘公園11
全長9m 6世紀後葉
天神垣神社1
国重要文化財の石馬を保存している神社
天神垣神社2
国重要文化財の石馬、国内で2例しか発見されていない。江戸時代から石馬大明神として祭られていた
天神垣神社4
天神垣神社5
大蛇の頭、目玉4ツではなく目玉と鼻の穴らしい、胴体は綱引きに使われここにはない
上淀廃寺1
白鳳時代の寺院跡、ここからの彩色壁画破片発見は歴史界を変えた出来事!
上淀廃寺2
石敷跡の上での説明
上淀廃寺3
下から南塔、中塔、北塔跡、左側に金堂
上淀廃寺4
南塔の基壇の規模は南北9.5m東西9.2mの瓦積み、芯礎は地下に設置され芯柱を据える穴に舎利穴がない
上淀廃寺5
中塔芯礎、南北のものより格段に大きく地上に設置、中心には舎利孔、三重塔と推定
上淀廃寺6
北塔の芯礎、ここは基壇の痕跡が確認されていない、工事中止もしくは撤去か
上淀廃寺7
金堂、この周辺から壁画や塑像の破片が出土
上淀廃寺8
全景、左側 北塔・中塔・南塔、右側金堂
上淀廃寺9(淀江町歴史資料館)
壁画破片、神将上半部、顔や目鼻の輪郭線はベンガラで描かれた下描き線
上淀廃寺10(淀江町歴史資料館)
二人の菩薩?が重なった図柄
上淀廃寺11(淀江町歴史資料館)
百合の花
淀廃寺12(淀江町歴史資料館)
復元壁画 左神将 右菩薩
上淀廃寺13(淀江町歴史資料館)
石室の閉塞石、岩屋古墳の入り口を思い出して下さい
妻木晩田遺跡1
弓ヶ浜、美保関遠景
妻木晩田遺跡2
北側には高麗山、その背後には大山(見えていないが)
妻木晩田遺跡3
ボランティアの渡邊さんに説明して戴きました。 いい天気です!
妻木晩田遺跡4
山陰地方特有の形をした四隅突出型墳丘墓
妻木晩田遺跡5
晴れた日は隠岐まで見渡すことが出来る絶景の場所
妻木晩田遺跡6
当時は手前に見える国道付近が海岸線だったが、かんな流しによる土砂流出もあって埋まっていったとか
妻木晩田遺跡7
弥生時代の竪穴式住居(土屋根)、火事にあった住居を参考に復元
妻木晩田遺跡8
土屋根竪穴住居内部、竪穴壁部分に杉皮が貼られているものは初めて見るが住み心地良さそう!
妻木晩田遺跡9
骨格復元竪穴住居、骨組みを知りたいだろうと、にくい配慮だ
妻木晩田遺跡10
高床倉庫、青谷上寺遺跡から出土した建築部材を参考に復元
妻木晩田遺跡11
現在でも復元建設中! 鳥取県って岡山より貧乏県のはずがこの豊かさ
昼食
今回は豪華弁当! 右隅の塩辛が美味しかった
由良お台場跡1
幕末期に外国からの備えとして各地に海岸防備の砲台場が作られた
由良お台場跡2
近くに反射炉が作られ鋳造された。反射炉とは炉に高温のガスを送り込み、その熱を炉天井に蓄熱し、その熱で溶かすことから反射炉と言われる。
由良お台場跡3
お台場に登ると海が見渡せる、この大砲は一度も使われなかった
橋津古墳群1
別名「馬の山古墳群」、古代馬場の放牧地を思わせる小字名が多くのこっている土地
橋津古墳群2
9号墳、円墳、天井石が一枚石
橋津古墳群3
9号墳、天井石は大きいが壁石は小さなものが使われている??これは奥壁?
橋津古墳群4
塔の上からの遠景、まるで温室、暑かった!
橋津古墳群5
中央のこんもりした杉林あたりが4号墳
橋津古墳群6
山陰に風車がこんなに沢山作られていたとは驚き
倉吉散策1
倉敷の白壁もいいが、ここは綺麗な川が傍にあって風情がある
倉吉散策2
川にはこのように五色鯉が泳ぐ、川には金魚草、水が綺麗な証し
倉吉散策4
白い鯛焼きの店に並ぶみなさん!

inserted by FC2 system