苫田郡の遺跡・史跡
津山駅扇形機関車庫1
昭和11年建設 全国現存は13箇所 気持ちのいい晴天で後半の景色は思いも付かなかった
津山駅扇形機関車庫2
17線奥行き22.1m 京都の梅小路機関車区に次ぐ2番目の大きさ 。例会写真集でオリジナルサイズで見ると実感出来ます。
津山駅扇形機関車庫3
転車台(ターンテーブル)昭和5年設置 現役
津山駅扇形機関車庫4
DE501 昭和45年試作1号機 2000馬力デイーゼル機関車
津山駅扇形機関車庫5
長い間の謎が解けた! タブレット閉塞装置 あの輪っかの中にはこの金属プレートが入っていて衝突防止に使っていたのだ
津山駅扇形機関車庫6
懐かしい腕木信号機 傾いていれば進行可 水平なら停止
出雲街道城東むかし町1
津山盆地は出雲と大和を結ぶ結節点として賑わう 町並み保存地区
出雲街道城東むかし町2
新東町 東方向を見る うだつ シンプルだがこれだけ沢山見られるのは珍しい
出雲街道城東むかし町3
城東むかし町家 ガラスは全て大正ガラス
出雲街道城東むかし町4
箕作院甫旧宅 かまど

出雲街道城東むかし町5
箕作院甫旧宅 天井裏を見る
出雲街道城東むかし町6
大曲り
出雲街道城東むかし町7
寅さんロケ地
出雲街道城東むかし町8
だんじり展示館 岡山県指定有形民俗文化財 18台現存
出雲街道城東むかし町9
新東町 龍鷹台(りゅうようだい) 安政3年 裏表セットで表示します
出雲街道城東むかし町10
町名:新東町 若連中:東桜子 龍鷹だい(旧漢字表示不可)

出雲街道城東むかし町11
町名:西新町 若連中:西梅子 龍宝だい 明治4年
出雲街道城東むかし町12
町名:西新町 若連中:西梅子 龍宝だい 明治4年
出雲街道城東むかし町13
町名:中之町 若連中:巌獅子組 勢龍樓 明治4年

出雲街道城東むかし町14
町名:中之町 若連中:巌獅子組 勢龍樓 明治4年
出雲街道城東むかし町15
町名:勝間田町 若連中:勝子 麒麟だい 明治20年
出雲街道城東むかし町16
町名:勝間田町 若連中:勝子 麒麟だい 明治20年
出雲街道城東むかし町17
千光寺 しだれ桜の巨木 城より少し早く咲くとの話し
旧津山中学校1
津山高校の敷地内 明治33年 県最古の学校建築 あぐりの岡山高等女学校ロケ地
旧津山中学校2
十六夜山古墳 60m前方後円墳 何故か赤ヤケが??
旧津山中学校3
十六夜山古墳 墳丘復元案図

沼遺跡(弥生住居址群)1
綺麗な紅葉 五棟の竪穴住居址と長方形遺構がある
沼遺跡(弥生住居址群)2
説明風景 津山市街を一望 いい所に住居を構えていたものだ
男山 女山
男山(おんやま) 女山(めんやま) 一対で親しまれている
三ケ上
標高1035m三ケ上も冠雪
蛇谷の滝1
上斎原木地 幅5m 段差2段
蛇谷の滝2
これだけ多い水量は初めて 岩盤は花崗岩
吾々路渓谷1
磐座1
吾々路渓谷2
磐座2

吾々路渓谷3
磐座2 湧水のようだ
吾々路渓谷4
この辺から積雪が目立つようになる たこ岩
吾々路渓谷5

吾々路渓谷6

白樺林
恩原高原周辺

紅葉と雪と
立岩1
岩元には祭壇らしき岩もあるのだが近づけない
立岩2
説明版 鬼が袂から落とした石 別名 鬼の袂岩
唐音の滝1
岩井の滝は積雪多く進むことが出来なかった ここの水量も今日はすごい
唐音の滝2
今日はカラーカラーの音ではなくゴーゴー!
唐音の滝3
紅葉と積雪の滝 珍しい組合せのドライブだった
七色樫
黄緑であろうか 七色といっても僅かな変化 それでも珍しい

inserted by FC2 system