倉敷東部の遺跡と源平合戦旧跡
庭瀬界隈散策1
吉備公民館からスタート。すかしが特徴の撫川うちわ 1枚1万円では使えない!
庭瀬界隈散策2
旧街道沿いの古い町家、薬屋とある
庭瀬界隈散策3
旧街道沿いの蔵を持つ大きな商家。車道の整備は倉敷美観地区も見習っては!
庭瀬界隈散策4
大手門跡。庭瀬・撫川は戦国時代に備中の有力者・三村氏が備前の有力者・宇喜多氏に対抗するため、当時は一面沼地であったこの場所に城を築いた。
庭瀬界隈散策5
法万寺川農業用水路(庭P城の外濠)。天正10年(1582年)の秀吉の高松城水攻めの時には毛利氏の備中国境防備の城として強化される。その後、宇喜多氏の属城となり、戸川氏の時代に移る。
庭P界隈散策6
庭P港・常夜灯。平成19年再建。
庭P界隈散策7
庭瀬藩主の戸川達安公2万9千石の居城
庭瀬界隈散策8
撫川城跡。庭瀬城から西へ300m、庭瀬城と撫川城に別けられているが、元々は一体の城。パノラマ写真ですからオリジナルサイズで見て下さい。
庭瀬界隈散策9
庭瀬城、野面積み(自然石をそのまま積み上げた石垣のこと、だが、大小様々な石のバランスをとりながら積む技術の必要な積み方)
庭瀬界隈散策10
太鼓橋、看板も何もないのが惜しい! 石を曲線加工した長手方向一枚石が使われている。
庭瀬界隈散策11
ここがOKさんのガソリンスタンド、近くに来たときは給油に寄って下さい!
上東遺跡
弥生時代の集落遺跡、波止場状遺構がこの下にある。楯築遺跡、王墓山古墳の足下、当時の吉備の津か。
岩倉神社1
潮流の急な処を瀬口、稲を荷揚げした所を稲倉と呼んだ、後に稲倉が岩倉に転訛したという。
岩倉神社2
個々の岩に名は付いていないが畏敬を感じる岩ばかり
岩倉神社3
仁徳天皇の御代に吉備津宮の五社殿を創建したとき、この岬に社殿を創建したと伝われている

岩倉神社4
下り龍が彫られた珍しい石灯籠、特別古い物ではないらしいが石の風化具合が風格を感じさせる
岩倉神社5
こちらは登り龍
岩倉神社6
この小さな岩が大事な磐座、吉備中山と鳥居と本殿と一直線、大先生論らしい。素人は大きな石ではと思ってしまうのだが?
王墓山古墳群1
倉敷市日畑 東古墳群、真宮古墳群、大池上古墳群、赤井西古墳群の四つの古墳群63基があったが現在は25基。井原市波形石製の組合せ式家形石棺。
王墓山古墳群2
大池上古墳群9号墳 袖がない(横穴式石室としては古い分類)。左側立ち岩は別物。
王墓山古墳群3
大池上古墳群10号墳
王墓山古墳群4
何かを祀っている、菊の御紋、こちらが背面と云う人も
王墓山古墳群5
真宮神社の磐境? 社殿を囲む磐境の環状列石は直径10Mの正円と云うが?
王墓山古墳群6
真宮神社の磐境、岩倉神社と違って成る程と感じるものがないのだが?
王墓山古墳群7
真宮古墳群6号墳 王墓山最大の横穴式石室 片袖 全長11m
王墓山古墳群8
真宮古墳群6号墳 雑木を伐採して整理すれば倉敷の石舞台と言えるのに
王墓山古墳群9
真宮古墳群6号墳 玄室長6m 同最大幅1.8m 6世紀後半
王墓山古墳群10
真宮古墳群7号墳
向山公園1
倉敷市街地を一望出来る場所、遊具施設も整った公園、4枚写真合成のパノラマ写真ですからオリジナルサイズで見て下さい。
向山公園2
向山公園磐座?
2号線展望1
向山から倉敷ハイツへの陸橋から西側(足高山)方向を見る
2号線展望2
東側(早島)方向を見る
乗り出し岩1
源平合戦旧跡のスタート地点。倉敷ゴルフプラザ東側。佐々木盛綱がここから海中に馬を乗り出したと云われる。
乗り出し岩2
昭和8年建立の佐々木盛綱鎮魂碑。2万軍勢の源氏は船を持たず、藤戸海峡の向こうにいる平氏を攻める手だてなく歯ぎしり
笹無山
浅瀬を教えた漁師を殺された老母の佐々木憎ければ笹まで憎いと笹をむしり取ったことから笹が生えなくなった山
経ケ島1
盛綱橋の銅像
経ケ島2
児島郡の領主となった盛綱は漁夫の追福のため大供養を藤戸寺で行い、写経をこの島に埋めた
経ケ島3
左側の小さな供養塔が漁師のものと云われている
藤戸寺1
若い人には鯛焼き、他の人には藤戸饅頭、沙羅双樹として有名
藤戸寺2
石造五重塔、鎌倉中期(県指定重文)
藤戸寺3
ここにもありました。日本廻国行者(六十六部とも云い写経を納めに日本全国を廻る巡礼者。四国遍路とは趣意の異なる古くからある巡礼。)
浮州岩
長さ9m幅3.6m厚み1m程度で、潮の満干にかかわらず常に海面に浮き出ていたという。豊臣秀吉が聚楽第を築く際に持ち出されて今は何もない。佐々木盛綱の浅瀬渡り物語の証明跡。
鞭木(むちき)
浮州岩から北西600m。佐々木盛綱が先陣のとき持っていた鞭をここの高洲に突き刺しておいたところ、この鞭から芽を出して大木が育ったのでここを鞭木と云う。
先陣庵1
佐々木盛綱が藤戸海峡を渡り先陣の馬を乗り上げたところ(種松山東北)。西明院の境内。
先陣庵2
乗り出し岩からここまで直線距離で2.2km、これを海・海峡として見ると馬で渡れたことは不思議
種松山1
斎場だけの種松山ではありません。バラに桜に遊具、そして水島展望があります。
種松山2
ここのバラは四季咲いています
種松山3
水島工業地帯展望、正面の小さな島は上水島、その奥は広島と手島のようです。邪魔物削除写真。
天石門別保布羅(あめのいわとわけほふら)神社
、麓にある磐座、もう少し上にも磐座(弘法岩)
天石門別保布羅2
釈塔様(倉敷市指定重要文化財)
大破した石を積み直して二重の塔になっているが元は3重か5重の塔であったらしい
天石門別保布羅3
本殿 あめのいわと と云うのでから この山の上に大岩があるのではないだろうか? 後日の調査期待

inserted by FC2 system